ユーザーの声

「TETSUJIN DAMASHII®トライアスロンウェットスーツ」「TETSUJIN DAMASHII®エアロスイムパンツ」を愛用して頂いているユーザーの皆さんの声をご紹介いたします。



吉村 優介選手 Yousuke Yoshimura
第33回全日本トライアスロン皆生大会 総合優勝!!
【TPA22】 Premium αフルジップトップス(フル)+ボトムス

結果を残せるかどうかは、スイムでの疲労をいかに軽減できるかにかかっています。コンプレッション(着圧)機能とバイオウェーブ(赤外線)により、4~6ピードでしっかりキックを打てたことでトップスピードに乗れました。レース中、キックをしっかり打っても、疲労が溜まらず、バイク・ランとつなぐことができるのが、TETSUJIN DAMASHII®トライアスロンウェットスーツPremium αの素晴らしいところだと思っています。今までのレースより断然速く泳げているため、今後のレースがより一層楽しみになり、スイムから勝負をかけられます。

秦 陽一郎選手 Yoichiro Shin
満足いくスイムタイムを出すことができ、総合優勝につながった!
【TPA02】  Premium α トップス(フル)+ボトムス

近年のトライアスロンは、ロングでもスイムパートから先行して勝負が決まってしまう展開が多い。ウェットスーツは、タイム短縮の壁になると思う。 TETSUJIN DAMASHII®トライアスロンウェットスーツPremium αは、フルオーダーなので肩・肩周りのストレスが無く、柔らかく充分なストレッチ感があり、首周りの擦れも無いですね。さらに、身体にフィットするお陰でウェット内への水の侵入が無く、身体が浮かんで、滑るように進むんです。着心地もとても良いので、気持ちに余裕をもってレースに臨めています。その結果、皆生大会と長崎五島大会では満足いくスイムタイムを出すことができ、総合優勝に繋がったと思っています。

 

井戸 皓大選手 Koudai Ido
パフォーマンスを最大限に発揮することができ、日本選手権出場!
【TPA22】  Premium α フルジップ(フル)+ボトムス

レースでは、スイムで上位にるけることにより総合順位でもより上位を狙うことができます。スイムを1番の課題に感じていた私にとって、無駄な力を使わずに自分の持つ力を最大限に発揮させることが、何より重要だと思っていました。そこで出会ったのが TETSUJIN DAMASHII®トライアスロンウェットスーツPremium αです。しっかりと身体を浮かせてくれると同時に、ストレスを感じさせることなく泳ぐことを可能にしてくれました。初めて着用して臨んだ日本選手権予選大会では、これまでスイムで負けていた選手にも食らいつくことができました。さらに、その後のバイク・ランでも、パフォーマンスを最大限に発揮することができ、2年ぶりの日本選手権出場へと繋げることができました。今後も TETSUJIN DAMASHII®トライアスロンウェットスーツとともに、世界の舞台で活躍できる選手を目指します!

 

柴田 彩瑛選手 Sae Shibata 
バトルになっても落ち着いて泳ぐことができる!
【TPW22】  Premium W  フルジップ(フル)+ボトムス

学生レースやエリートレースで上位を狙うには、第一種目のスイムで出遅れてしまうとかなり厳しい展開となってします。私はもともと水泳経験者ではないため、スイムを改善することが大きな課題でした。オープンウォーターで少しでも上位に食らいつくため、頼ったがのTETSUJIN DAMASHII®トライアスロンウェットスーツPremium wです。初めて自分の身体にフィットしたウェットスーツだったので、フルスーツでも肩周りがとても動きやすく、本当に水の抵抗が少なく感じました。水の上を滑っているような感覚で、安心感があるため、バトルになっても落ち着いて泳ぐことができるようになったと感じています。スイムタイムを短縮するために練習を頼むのはもちろんですが、それ以上に実践ではウェットスーツの良し悪しが大きく左右するように思います。自分にあったこのTETSUJIN DAMASHII®トライアスロンウェットスーツPremium wで、今シーズン結果を残せるように頑張りたいと思います。


寺山 樹生選手 Tatsuo Terayama
日本が誇るウェットスーツです!
1着目【T02】 トップス(フル)+ボトムス
2着目【TPA22】 Premium αフルジップ(フル)+ボトムス

私は5年前に25mさえ泳げないまま、宮古島トライアスロン完走を目指してトライアスロンをはじめました。泳げない自分にとって、海で泳ぐことの不安はなかなか払拭できず、過呼吸で溺れる寸前だったこともしばしば。当然、ウェットスーツ選びには慎重になり、いくつものウェットスーツに袖を通し、「自分にあったもの」「浮力があり、着装感が軽いもの」とより良いウェットスーツを探してきました。
TETSUJIN DAMASHII®トライアスロンウェットスーツは、ナチュラルエナジーの長年の経験やノウハウと国内ものづくり技術を元に開発された製品だと知りオーダーしました。採寸箇所は31箇所(女性は33箇所)で。採寸箇所の多さから、まさに「自分にあった、自分だけのウェットスーツ」の予感がありました。手元に届いたTETSUJIN DAMASHIIの着心地や素材の伸縮性は抜群で、首周りや肩周りの抵抗感はまったくありません。IRONMAN NYではコンディションが良かったせいもあり、SWIM3.8kmを52分30秒で泳ぐことが出来ました!一緒に出場したブラジルの選手はTETSUJIN DAMASHIIの機能性の高さに驚いて「俺のと交換してくれ!」とせがまれました。
TETSUJIN DAMASHII®トライアスロンウェットスーツは、日本が誇る素晴らしいトライアスロンウェットスーツだと思います。


 

 

當銘 伸吾選手 Shingo Toume
こんなに浮く、進む、圧迫感がないなど、とても感動しました!
TRK22Ryukyu Model(琉球モデル) フルジップ(フル)+ボトムス

初めてのフルスーツでしたが、TETSUJIN DAMASHII®トライアスロンウェットスーツは、こんなに浮く、進む、圧迫感がないなど素晴らしく、特に肩周りのストレスがないのには本当にビックリして、とても感動しました!Ryukyu Modelのハイビスカスも、とても気に入っています。
「第10回あやはしトライアスロン」では、お陰様でとても良い位置でスイムアップでき、年代別1位を獲得することができました!急な注文、手直しにも丁寧・迅速に対応してもらい、本当にありがとうございました。

 

我那覇 昭子選手 Akiko Ganaha
一番驚いたのが、ウェットスーツを着ているという感覚がなかったんです!
TRK22Ryukyu Model(琉球モデル) フルジップ(フル)+ボトムス

TETSUJIN DAMASHII®トライアスロンウェットスーツを着て、一番驚いたのがウェットスーツを着ているという感覚がなかったんです。素材がとてもやわらかく、肌に馴染み、身体に心地よくフィットします。胸の圧迫感が無いことから楽に呼吸ができ、ストリームラインを楽に保てるのには驚きました!!スイムの苦手な私には嬉しい機能です。また、今までフルスーツを着ていると、1キロ過ぎてから腕が疲れてきたのですが、不思議と腕に余力を感じました。これは、脚も同様で、キックを使ったときでもバイク・ランまでしっかり脚が残っています。スイムでの疲労がかなり軽減されていると実感しました。さらに、こんなに身体に密着しているのにスッと脱着できるため、スイムのタイムは短縮はもちろん、トランジッションもかなり短縮できたのは嬉しい限りです。

 

 










| 個人情報保護ポリシー | 特定商取引に基づく表記 | 会社概要 | お問合せ |
Copyright© 2010 Natural Energy,Inc. All Rights Reserved
ナチュラルエナジー/トップページ